専門家からの推薦

脳梗塞集中リハビリセンター大阪りんくうタウンについて、さまざまな方面でご活躍されている専門家の方々からいただいた声を掲載しております。

畿央大学大学院 健康科学研究科
庄本 康治 教授

脳卒中後のリハビリテ−ションでは、発症から6ヶ月経過すると更なる回復は見込めないと記述している教科書もありますが、この様なことを専門家から言われ、回復をあきらめられている方も多いのではないでしょうか?

もちろん、放っておくだけでは回復しませんが、「適切な」リハビリテ−ション治療を「十分な量」実施することで、更なる回復が起こることが世界的な研究から明らかになっています。
例えば、これ以上歩行能力が改善しないと専門家に判断された方々のみを対象に、「適切な」歩行トレーニングを「十分な量」実施すると、大半の方の歩行能力が改善します。また、腕、手、言語機能の回復などについても同様の事が報告されています。

脳梗塞集中リハビリセンター大阪りんくうタウンでは、各々の患者さんを詳細に把握してから「適切な」リハビリテ−ション治療計画を立て、様々な工夫によって「十分な量」になるように個別的に治療が提供されます。
決してあきらめることはありません。具体的な日常生活の改善はもちろん、更なる回復を目標にして生きていこうとする志を持つこと自体が素晴らしいことであると考えています。
畿央大学 健康科学研究科 庄本康治教授

社会医療法人生長会 府中病院
リハビリテーション科 
納谷 貴之 部長

現在、わが国における脳卒中の患者数は117万人にのぼり、毎年20万人以上が新たに発症していると言われています。これに対して、医療機関では発症後早期から廃用症候群の予防と機能回復促進のために急性期リハビリテーションを実施し、その後は患者さんが住み慣れた地域に戻って頂くことを目的に積極的な回復期リハビリテーションを行っております。
しかしながら、現行の健康保険ではリハビリテーションを受けられる期間は最大180日に制限されており、引き続き「積極的かつ専門的なリハビリを受けたい」「職場復帰に向けて、もっと機能を回復させたい」といった声が少なからず挙がっているにもかかわらず、その要望に応えられる施設はこれまで殆どありませんでした。

『脳梗塞集中リハビリセンター大阪りんくうタウン』では、保険制度の枠を超えて納得いくまで集中的にリハビリを続けて頂けます。また、経験豊富なセラピストが利用者ひとり一人とマンツーマンで向き合う体制を整えているので、利用者の要望と身体能力に見合った適切なサービスを提供してくれるでしょう。

本センターでのリハビリ継続により、脳卒中後遺症でお悩みの方々がより豊かで健康な人生を歩まれる事を心より期待しております。

社会医療法人生長会 府中病院 リハビリテーション科  納谷貴之部長

脳梗塞集中リハビリセンター 
大阪りんくうタウン

住所:〒598-0048 大阪府泉佐野市りんくう往来北1

りんくうゲートタワービル8階

TEL:072-447-7222

営業時間:9:00~18:00(年末年始を除く)
            (電話受付は、日・祝日・年末年始を除く)

 営業時間
9:00~18:00  ○  ○  ○  ○  ○  ○ ○ 

(年末年始を除く)
(電話受付は、日・祝日・年末年始を除く)